game

【77選ピックアップ】No.4 MOTHER2 ギーグの逆襲

はまったゲーム77選の中でも特に思い入れがあるゲームを紹介していきます。第一は未だに人気のある超名作RPG、マザー2。あの「糸井重里」さんがゲームデザインとシナリオを担当。キャッチコピー「大人も子供も、おねーさんも。」
※ネタバレがふんだんにあります。未プレイやプレイ中の人でネタバレを食らいたくない人はブラウザバックを推奨します。

ストーリー

割と裕福な家庭に育った主人公。突如裏山に隕石が落ちてきたことから物語が始まる。主人公は隣人で悪友のポーキーに頼まれ隕石を見に行く。そしてハエにたくされ未来を救う冒険に旅立つ。

魅力的なキャラクター抜粋

ブンブーン:ハエ
ゲップー:汚物
どせいさん:なみへいヘアー
ポーキー:悪友
ダンジョン男:でかい
アンドーナッツ博士:メガネ
トンズラブラザーズ:バンド
フライングマン:鳥
ギーグ:わるいやつ

プレイの思い出

魅力的なキャラクターぞろいで、ただストーリーを進めるだけでおもしろい。BGMの組み方も映画みたいで好き。雑魚敵は瞬殺するシステムは画期的だった。

冒険序盤/最初の町オネット

最初の町をクリアするまで結構苦労した、ギャングと戦ってからのポリス連戦は燃える展開だった。車に体当たりしても無事だったり、主人公のPSIが好きなものの名称だったのも、おもしろかった。わたしはPKチャンピオンだった。

第二の町ツーソン

この町で最初の仲間ポーラと出会いようやく独りから解放されることになる。ポーラは怪しい宗教団体につかまっている、主人公はポーラ救出の為その怪しい団体と戦う。
マザー2有名アイテムの一つ「タコけしマシン」登場、私はここで大分詰まりました。じゅしんでんわのイベントフラグに気づくまで相当町を探索しました。

第三の町スリーク/スノーウッド/サタンバレー

ゾンビとゴーストに支配されたスリーク町の開放を行う、オエップ・ゲップーというおぞましいキャラクターとの闘い、アンドーナッツ博士の登場とペンシルロケットの異名を持つジェフが仲間になるという怒涛の展開が待ってた。マザー2大人気キャラのどせいさんもここで登場、あのテキスト文はゲームで是非みてほしい。今まで操作していた主人公が敵につかまり、まだ見ぬ仲間がそれを助けにくるという展開は激熱だった。

ドコドコ砂漠/フォーサイド

第四の町フォーサイド編、ここがなかなか難しかった。何度「ハローそしてグッバイ」されたかわからない。ムーンサイドの雰囲気は異世界に来たのかと思うほど別世界でだけどフォーサイドでなんだこの展開は何がおこっているんだーとなったものだ。ここは是非ゲームで体験してほしい。

サマーズ/ランマ

最後の仲間プーのいるランマへ歩を進める主人公たち、プーの無の修行で手間取った人はたくさんいるだろう。私も最初攻略方法がわからず、苦労した。あの時トイレに行っていなかったらここで詰んでいたかもしれない。敵の親玉ギーグはここに主人公たちを来させたくなかったみたい。何故なら、ここで手に入るヒエログリフがギーグの居場所を特定することが出来る重大アイテムだったからだ。

魔境/グミ族の村/ストーンヘンジ

ここも怒涛の展開、あの敵キャラが復活!パワーアップ!して主人公たちに襲い来るというなかなか燃える展開だった。「こけしけしマシン」でいろいろ察する話。

ルミネホール/地底大陸/マジカント

物語は終盤に突入する。まさか地底大陸が!からのマジカント編!いや凄すぎる展開、この展開を超えるゲームに未だに出会えない。マジカントは主人公の心の世界で今まで会ったキャラクターと邂逅できる。マジカント最奥にはめっちゃ強いボスが待ち構えているのだが、その正体はなんと・・・。難しかったけどめっちゃ冒険してる感じでよかった。このゲームをリアルタイムで体験したのは誇れる。

最終決戦/エンディング/???

ついにラスボスギーグまでの道が判明するも、究極の選択を迫られる主人公一同。まだ子供なのにその選択は過酷すぎるだろ・・・。プレイ時小学生だった私は、その選択が怖くてけど選択しないと進めなくて絶望して嫌々選択し進んだ。世の中の理不尽さをここで思い知ったような気がする。多分。

究極の選択の後は最大の戦いが始まる。ギーグのところまで来た主人公一同の前にまさかのアイツが現れる。ギーグの虜になってしまったアイツとギーグに主人公たちは最後の戦いを挑む。ギーグの正体とは何なのか?世界は救えるのか?主人公たちはどうなるのか?が詰まった大激動のラストは必見です。